DVD
【DVD】山田正彦 x 藤田幸久 未来塾「いのちと種を守る」講演会Ⅱワールドフォーラム 2018年2月
new
5adc7dea5496ff451a000c5e 5adc7dea5496ff451a000c5e 5adc7dea5496ff451a000c5e 5adc7dea5496ff451a000c5e 5adc7dea5496ff451a000c5e 5adc7dea5496ff451a000c5e 5adc7dea5496ff451a000c5e

【DVD】山田正彦 x 藤田幸久 未来塾「いのちと種を守る」講演会Ⅱワールドフォーラム 2018年2月

¥3,000 税込

送料についてはこちら

2018年2月23日(金)ワールドフォーラム 未来塾【緊急!】「いのちと種を守る」講演会Ⅱ 「種子法廃止法案」を超えて、「食と農といのちを守る」超業界リレー 「遺伝子組換え食品表示」義務を残し、安全な「食」を未来の子ども達へ。 「背水の陣」で、生産者と消費者を結び守る!「新世紀JAの挑戦」とは? 1月26日ダボス会議で、トランプ氏「TPP復帰検討」発表!その真意は? 【種子を「国民の共有財産」として守っていくために】 コメや麦の安定供給を縁の下で支えてきた「種子法」今回、 突然廃止されることが決まった種子法(主要農作物種子法)今後日本はどうなっていくのか?農業従事者だけの問題ではありません。 我々国民にも大きく関わってくる問題です。 【月刊日本・2月増刊号】『日本のお米が消える』緊急出版! 「種子法廃案」(=TPPと連動する国内法)で起こりうる問題 1.種子生産の「公的な支え」がなくなり、在来種「米」が守れなくなる。 2.(遺伝子組み換え知財の企業独占等で)種子の価格が値上がりする。 3.種子品種の多様性が失われる。 4.多国籍企業の利益優先策に、日本の農業従事者が支配される。 5.(ISD条項⇔)「遺伝子組み換え不表示」で、安全な「主食米」を守れなくなる。 国家の安寧を祀り祈る最重要の天皇祭事「新嘗祭」(にいなめさい)に使われる私たちの主食「米」すらも、遺伝子組み換えになりかねない事態。国家安全保障の要となる「食料」自給に、重大な危機が訪れていると知る国民は、マスコミが扱わないせいか決して多くはないようです。 そんな今「皆さんにぜひ知っていただきたい!」と、山田正彦 元農水大臣はじめ事態を憂いて速やかに取り組みを始められた先生方にご参集賜り、緊急!講演会-第二弾を、2月ワールドフォーラム未来塾で開催しました! 日本の主食「米」の安全と独立性を守ってきた「主要種子法の廃止」は昨年2月11日に突然閣議決定され、森友問題の影で農林水産委員会での審議もマスコミ報道されず、充分な国会審議もないまま 4月に成立しました。 【詳細・報告ページ】 http://worldforum.jp/informations/2018/0223.html